rB3gZey7VWHYRqJHLoHDEJXJ2pEPNieKiS

よくある質問

新規登録関連

Mr. Rippleに登録されます。新規登録でMr.Rippleのサービスをご利用頂けます。同時にウォレットの開設となります。

誠に申し訳ありませんが再登録お願い致します。

全て新しいウォレットの方に移されます。

ユーザー名とパスワードを決めて頂きます。メールアドレスを入力後に確認メールが届きますので認証をお願い致します。

何度か試して頂いても届かない場合は弊社のサポートセンターまでお問い合わせください。

以前リップルウォレットを持っていた方はシークレットキーを入れることで復元させることができます。初めて登録する方は空欄のまま次にお進み下さい。

入力されたメールアドレスに認証コードが送られます。そのコードを入力して次にお進み下さい。

反社会勢力などの違法行為を目的とした登録を避けるためです。

弊社ではマネーロンダリングや脱税を目的とする登録を避ける為、お客様一人ひとりの本人確認をする必要があります。

おそらくファイルの容量が大きすぎます。容量の小さいファイルで再度お試し下さい。

本人様確認用の写真は有効期限過ぎていない写真のアップロードをお願い致します。住所確認書類は3ヶ月以内の書類のアップロードをお願い致します。

本人様確認後に50XRPが貰えます。その後の10万円以上の入金で残りの27XRPが貰えます。

お客様が出金依頼をした場合にご指定の口座に振込致します。

はい、お客様のご希望の口座でよろしいです。

現在は国内のみ対応させて頂いております。

お客様のウォレットに反映する額の入金です。10万円以上の入金で77XRPをプレゼント致します。

いいえ。入金ボタンはあくまでも依頼です。お客様自身での入金を行う必要があります。

入金はいつでも可能ですがトレードや送信をするには口座にJPYを入れる必要があります。

いいえ。スマートフォンなどからもアクセスできます。ですがキャリアメール以外のメールアドレスの登録を宜しくお願いします。

Internet Explorerでの接続ができない場合があります。Google Chromeなどを使用してみてください。

いいえ。前のウォレットからすべての情報が自動的に移されます。

Welcome to Mr. Ripple! Mr. Rippleが提供するサービスをお使いになれます。

5月21日(日)の18時までに登録申請をしていただいた全ての方に払い出し致します。例えば、入金をしているのに認証が終わらず、21日が過ぎてしまった場合や、21日以降に3万円以上の入金をした場合でも777XRPの特典はありますのでご安心ください。アフィリエイトの変更のお知らせ欄に「認証が完了した方のみ」との表示が反映されていましたが、正しくは「登録申請をした全ての方」を対象とさせていただいております。反映にはまだお時間を頂くことになりますが、順次反映させていただきますのでお待ち下さいますようお願い致します。

Mr. Ripple関連

リップルシステム上で使える仮想通貨専門のゲートウェイです。Mr.Rippleを通して仮想通貨を使用することができます。

Mr. Rippleのホームページにウォレットが内蔵されております。これによってお客様の手間を省き、迅速な取引を行うことができます。

ウォレット内蔵型です。ログインすると直接ウォレットに入ります。Mr.Rippleのページとウォレットのページ を別々に開く必要はありません。

誠にお手数をお掛け致しますが、再度お客様情報の入力をお願い致します。

何度か試して頂いてそれでも届かない場合はお問い合わせください。担当の者から案内があります。

キャンペーンの77XRPは登録、10万円 以上の入金確認後に送信されます。2つの事をお済みであることを確認してください。

いいえ。Mr.Ripple発行のJPYはMr.Rippleのみで使用ができます。

はい。様々な通貨に対応している為、可能です。

参加条件を満たしていればプログラムに参加することができます。紹介一件につき、アフィリエイターと登録本人に77XRPが入ります。詳細はアフィリエイト参加条件を御覧ください。

両替とは瞬時にその時にレートで両替されます。取引とはお客様自身で売り買いの注文を入れて頂きます。(上級者向け)

Mr.Rippleで発行されたJPYは、保証金の返還の対象となります。換金所ではありませんので、登録をされていないお客様のJPYを換金することはありません。

リップルウォレットを作成しても、そのリップルウォレットの中に25XRP以上の残高が無いとアクティブ化されません。リップルウォレットをアクティブ化するには、25XRP以上のXRPを購入するか、すでにXRPを保有している人から譲り受ける必要があります。※キャンペーン中の場合は新規登録と10万円のチャージで77XRPプレゼント致しますので即時に取引ができます。

出金手数料は一律108円(税込) 出金手数料=108JPY 銀行振込手数料の¥258はお客様負担です。

出金対応時間は、平日10時〜15時までのご対応となっております。(住信SBIネット銀行からの出金は10時〜18時までの受付になります。)対応時間以降に出金処理をした場合は、翌営業日の朝10時以降に順次ご対応となります。

JPYの両替またはお客様同士の取引で手に入れる事ができます。 ウォレット画面からお入り下さい。

スマートフォンのアプリ【GooglePlay】を起動して「Google 2段階認証」と検索してアプリをインストールしてください。

iPhoneのアプリ【APPStore】を起動して「Google Authenticator」と検索してアプリをインストールしてください。iPadの場合は、APPStore上で表示されないため、Googleのブラウザ等で「Google Authenticator」と検索してアプリをインストールしてください。

シークレットキーを使ってアカウントを復元する必要があります。手続きが必要になりますので、一度Mr. Rippleまでお問い合わせください。

入金依頼を出されているお客様への反映が、最大で3日かかっております。登録未完了での直接のお振込や、入金依頼の金額とお振込になった金額が違うなどのお間違いがありますと、お手続きにお時間がかかる恐れがございます。「入金依頼」を出した後、金額のお間違いがないようお振込頂ますようお願い致します。入金の反映時間が短縮されますのでご理解とご協力をお願い致します。

復元またはログインは可能です。Mr.Rippleですでにご登録済みのお客様は、個人情報やお客様のメールアドレスからIDを検索できますので、お問い合わせください。パスワードを再設定していただき、シークレットキーを入力すれば完了です。

ログイン後、[メニュー→その他→セキュリティ設定]のページを開いて下さい。「シークレットキーを表示」ボタンをクリックして、ログイン時と同じパスワードを入力すれば確認できます。→シークレットキーの確認方法はこちら

復元またはログインは不可能となります。シークレットキーは必ず厳重に保管いただきますようお願い致します。→シークレットキーの確認方法はこちら

現在、様々な端末や環境で検証しておりますが、バージョン10.3.1以上のiPhone、iPadでエラーやログインができないといった不具合(認証は通ったのにそこから先へ進めない。入金依頼を押してもエラーとなる等)が生じているようです。また、違うブラウザ(GoogleChrome、FireFox等)で試しても同様の結果が確認されております。誠にお手数ではございますが、パソコンまたは別の端末からご利用頂ますようお願い致します。

お使いのブラウザによって、JPYの出金依頼時にJPYの送信が正常に完了しないといった不具合が生じているようです。恐れ入りますが、違うブラウザ(GoogleChrome、FireFox等)でお試しいただきますようお願い致します。残高から出金額分のJPYが引かれていましたら、出金依頼が完了しておりますので、残高のご確認をお願い致します。

リップルウォレットの特徴として準備金が必要になります。トランザクションを送信するには、リップルウォレットに最低20XRPの準備金を保持する必要があり、各通貨(IOU)を与信枠に追加する場合にも、1通貨あたり毎に5XRPの準備金が必要になります。売買・取引時で指値注文を入れる際にも、1件毎に5XRPの準備金が必要になります。

【例】下記の[4通貨]を与信枠に追加している場合
JPY(Mr.Ripple)/BTC(Mr.Ripple)
ETH(Mr.Ripple)/EUR(Gatehub)

[最低準備金 : 20XRP]+[各通貨準備金 : 20XRP(4通貨×5XRP)]=40XRP

上記の場合、最低40XRPを保有しておく必要があります。トランザクションが発生する場合にも、0.0001XRP〜0.0004XRPのXRPが消費されるため、残高が40XRPの場合は、指値注文等を行う事ができません。注文が失敗する場合は、両替で十分なXRPを購入してから取引を行って下さい。

Ripple関連

Rippleとは、Ripple Labs(https://www.ripplelabs.com/)が運営しているプロトコルです。インターネットでお馴染みのHTTP, メールのSTMPなどと同様でリップルはRTXPのプロトコルを使用しております。将来的にはPaypalやクレジットカード、デビットカード、銀行の国内海外送金等、旧態依然とした金融市場を最新ネット技術で置き換えてしまうかもしれない可能性を秘めています。

リップルには、XRP(「リップルズまたはエックスアールピー」と呼ばれる)固有の通貨があります。 これを保有していないと、リップルネットワーク内での送金など取引はできません。 これが存在する理由は、ネットワークの安全性のためと、通貨間のブリッジ的存在です。

ビットコインでは、コインを直接送っています。 それに対して、リップルが扱うのはIOU(借用証書)です。 これをリップル上で移転させます。 IOUは、ドル、円、ビットコイン等々、どんな形のものでもよく従来の支払い手段で言えば、小切手に似ています。

取引所です。入出金、送金、取引をする際にゲートウェイを通して行う必要があります。

International Ripple Business Association(国際リップルビジネス協会)の略で、ゲートウェイの信頼性を保つために設立された非営利組織です。

日本円を表します。このJPYのIOUを移転することで取引が成り立ちます。
¥100= 100JPY

ウォレットの口座番号のようなものです。銀行名・支店・口座番号をすべて一つのアドレスにしております。相手のウォレットアドレスのみで送金などができます。

ビットコインは通貨ですがリップルはIOUを利用したネットワークシステムです。 発行されたIOUをリップルのネットワークを通して移転させることで取引を成立させます。 “通貨”と“システム”の違いです。
また、ビットコインの運営者は分かっておりません。リップルは米国のRipple Labsが運営者であり、法律に沿って運営されております。

一回の取引の時間は約5~10秒です。
※インターネット環境によっては長くかかる場合がございます。

手数料を抑えられるのと早い決済ができる事が最大のメリットです。現金と同じ感覚で使うことも可能であり、今後対応する店舗や施設が増えることでしょう。

2014年3月に政府はビットコイン「ものである」という見解を発表しました。正確な法律はまだ出ていませんが事実上合法化されております。

ビットコインを扱う店舗が増えたように今後XRP決済を導入する店舗などが増えると言われております。非常に便利なシステムである為、私達も展開して頂ける協力者と共に普及させていきます。

絶対に上がるとは言えませんが、1XRP=1USDまで持っていきたいと Ripple Labs CEO, Chris Larsenはおっしゃっておりました。

今の段階では“もの”として扱われるため、おそらく雑所得に当てはまります。正確な判断は税理士などの専門家にご相談下さい。