rB3gZey7VWHYRqJHLoHDEJXJ2pEPNieKiS

ご利用規約

Mr.Ripple(本サイト)利用規約

この利用規約(以下「本契約」といいます。)は、ユーザーと株式会社CryptedVault(以下「当社」といいます。)間の契約であり、当社の提供するMr.Rippleサービス(以下「本サービス」といいます。)に適用されます。
本サービスのご利用にあたり、本契約に含まれるすべての条件に同意する必要があります。本サービスを使用するかどうかを選択する際に、慎重に検討しなければならない重要な文書です。本契約に同意する前に、必ず全文お読み下さいますようお願い致します。
登録後、ユーザーは本契約を理解していると認識し、本サービス使用に関しては、常に同意しているものとします。これらの条項に同意されない場合は、本サービスの申込・使用を停止しなければなりません。本契約は、法的権利を明確にし、法的拘束力を持ちます。また、仲裁条項も含まれており必要な場合においては、本契約に基づき仲裁処置を行います。ユーザーと当社間の紛争は、各紛争ごとの仲裁によって解決され、ユーザーは、集団訴訟や団体での紛争解決に参加する権利を放棄することとします。

定義

(1)ユーザーとは、本サイト上で申し込みを行ったものをユーザーとします。本契約に同意するという意思確認は、ユーザー登録が完了した時点をもってユーザーとします。当社は、ユーザーがリップルネットワークを通じて作成したリップルクライアント(第3条に定義)に、リップルネットワークでいうところの仮想通貨IOUポイント(以下、IOU)の発行権を持ち発行でき、発行されたIOUをユーザーに対し貸与します。また、ユーザーは当社から貸与されたIOUをリップルネットワークを通して返却しなければならず、当社はそれを受け取ります。IOUの技術に関してはすべてリップルのものであり、当社の管理するところではありません。

(2) ユーザーは、当社に目的量のIOUを借りる(貸与する)ため、当社が定める貸与手数料(以下、手数料)と貸与保証金を銀行にて振込ができます。当社は、手数料を差し引いて、ユーザーに対しIOUを貸与します。またユーザーは当社に対し、当社から貸与したIOUを返却することができ、当社が定める手数料に基づき資金を計算し、手数料を差引いた上でユーザーに当該資金を銀行にて振込をします。また、銀行振込手数料はユーザーの負担とします。

(3)ユーザーは当社のサービスを通じて他のユーザーに関する情報を受信した場合は、機密情報を保持し、当社の指示に従い処理することとします。ユーザーは、再配布、開示または漏洩など、他のユーザーの情報を第三者に漏らすことはできません。他のユーザーの明確な同意・契約などがない限り、マーケティング目的や、他者に情報を提供することはできません。

(4)知的財産について当社の本サービスに関連するすべてのロゴ・デザイン・システムは、当社の著作権であり、使用には許可が必要です。

(5) ユーザーはID・パスワード・メールアドレス・住所などの登録情報は常に最新の状態に保持します。ユーザーは本サービスを使用するにあたり、適切なセキュリティと管理をする責任があります。

(6)ユーザーは当社に対し電子的にユーザーのアカウントと本サービスに関する通信を提供することに同意します。

(7)ユーザーは当社に対し電子的に通知を受け取る環境を用意し維持することとします。

(8)貸与されたIOUを受け取ったユーザーには借主としての地位がIOU量分与えられます。ユーザーはユーザー同士であれば借主としての地位をIOUと同量分を部分的もしくは全て譲ること(以下、移譲とする)ができます。ここでいう移譲とは、ある特定のユーザーが、他のある特定のユーザーに借主としての地位を譲ることです。借主としての地位の移譲行為は、リップルのシステムで確認することができることをユーザーは理解し同意します。当社はリップルネットワーク上のシステムで移譲行為の確認をし、正式な移譲とみなし、ユーザーはそれに同意します。当社はこの条文をもって、ユーザー同士であれば借主としての地位をユーザーの自由意思と責任で他ユーザーに移譲できる権利を与えます。ユーザーはこの権利により、ユーザー同士であれば借主としての地位の移譲を自由にできます。借主としての地位が移譲された場合、当社はリップルネットワーク上のシステムで確認し、確認に伴い保証金に関する権利義務は移譲先に引き継がれます。

(9) 当社がユーザーに対して貸与保証金を返還する場合に保証金は無利息とする。

(10)当社はユーザーに対し一度貸与したIOUの移譲に関与することはできない。また、ユーザーは当社がリップルネットワークのシステム上また機能上も関与できないことを確認しているので、当社に対しユーザーが自由意思で行った移譲行為で起こるいかなる損害も追及できない。

アカウント

(1) 本サービスを利用する資格を得るためには、日本国内に銀行口座を所有する必要があります。また、直接または第三者を通じて、当社がユーザー自身を個人認証を行い、承認される必要があります。ユーザーの住所を含む真実かつ正確な個人情報を、証明することに同意します。私書箱やレンタルオフィスなどの住所は受け付けていません。

(2) サードパーティアプリケーション、サードパーティの製品を介して当社または本サービスにアクセス、ログイン接続した場合にはハッキング行為とみなし、本契約違反とし当社はユーザーの情報・ステータスなどすべての情報を即座に制限・削除することがあります。ユーザーはユーザー自身のアカウントを第三者に代理や権限譲渡などを行い許可を付与することはできません。そのような場合は、ユーザーに代わって特定のアクションが実行されたとしても、責任はすべてユーザー自身にあり、当社を免責とします。ユーザーが第三者に許可を与えることは、重大な違反となります。さらに、ユーザーはそのような場合、当社に責任はなく、ユーザーがアクセス・ログイン許可の付与に関連して、これらのサードパーティアプリケーションや権限許可の行動から生ずる、作為または不作為に関わらず、一切の責任が当社にないことに同意します。

(3)ユーザーは適切な税務を担当専門家に相談し支払うこととします。各ユーザーの責任において処理します。当社は、ユーザーの取引に関して一切の税務アドバイスや書面の発送も行いません。ユーザーそれぞれの管理画面上で表示されている情報が提供できるすべての情報とします。

リップル(ripple)

(1)リップルクライアントとは、リップル本体が作成したリップルネットワーク、リップルプロトコル自体を顧客用に表示するシステムです。リップル本体から発行されたものであり、サードパーティによって作られたものではありません。

(2)当社はリップルクライアント上でIOUの貸与と返却受付に責任を負います。リップルクライアント上のいかなる、バグ、仕様変更、セキュリティなどの不具合などはすべてリップルが定めるところの契約が適用されます。ユーザーはリップルクライアント上に存在するIOUの返却に責任を負います。

(3) 当社の貸与保証金は当社が所有する日本の銀行口座内に保持され、物理的に当社内で保管されるものではありません。よって当社はユーザーへのIOUの貸与情報とユーザーからのIOUの返却情報を取引情報として保持します。また、当社は、ユーザーの質問やその回答などで発生する情報やシステムログを保持します。

(4)貸与保証金は日本の銀行における本サービスのアカウントに預金されているので、返還にはこれらの銀行を経由して処理されます。

(5) 当社は、ユーザーのリップルクライアントへのアクセス権がありません。ユーザーのリップルクライアントへのアクセスを許可するID、パスワード、シークレットキーなどは当社によって要求・記録または保存されることはありません。

(6)リップルクライアントは、Web制作技術とリップルプロトコルによって作成され、サポートされています。当社は、この技術に関して保証は行いません。安定性、セキュリティの技術はリップルネットワークの任意の機能であり、リップルネットワークが何らかの理由で動作しなくなった場合は、お使いのリップルクライアントへの、すべての資金へのアクセスを失う可能性があります。リップルクライアントのID・パスワードなどを紛失したり忘れてしまった場合には、リップルクライアントの資格は回復不能です。リップル ネットワーク上でユーザーが実行するか、生成されたトランザクションは、ユーザー自身のXRPやIOUの量や数や種類を変化させます。それを無効にしたり、リップルクライアントの資格情報を保護するための責任や、不正アクセス防止は、ユーザー自身の責任です。ユーザーは、ユーザー自身の責任でリップルの技術を使用しています。

(7)当社は、法的な責任や反社会的行為に対し、必要と認める行為を行い、本サービスの制限をする権利を有します。

第三者への情報提供

(1)当社は以下の場合に対し制限付きで、第三者に対して情報提供することがあります。

  • ・法律、法令、条例、または規制(例えば、金融サービス、規制物質、あるいは消費者の保護を規定するもの)に違反した場合またはその捜査協力
  • ・当社や他ユーザーに対する妨害・窃盗・危害などが起こった場合に、ログなどの解析による調査を行う場合
  • ・ユーザーが、第三者の著作権、特許権、商標権、または知的財産権を侵害していると疑われる場合
  • ・ユーザーが虚偽、不正確または誤解を招く情報を提供していると確認された場合
  • ・当社のインフラ基盤に対し、不当または大きな負担をかけるような行動・アクセスをした場合。または有害なウィルスを駆除または駆除を妨げるような行為・行動に対し、任意のシステム、データ、または情報を調査のために使用する場合
  • 当社との紛争

    (1)ユーザーは、代表、役員、社員、代理人の行為をすべて当社の責任であることと理解しいかなる請求、要求または責任の追及は当社に行うものとします。すべての行為は当社の提供する本サービスに起因するところの結果に対する違反であることに同意します。

    (2) 当社は、ユーザーとの紛争がある場合は、あらゆる種類の任意およびすべての請求、要求、および損害賠償(実際および結果)の内容を当社の任意の意思においてユーザーの情報を含み発表することが出来ます。

    (3) ユーザーは当社が誤った行為・サービスを行ったと思われる場合には、当社へ速やかに連絡する必要があります。また、当社はそれに対し速やかに返答を行い、誤った行為が認められる場合においては、それを速やかに認め・修正・改善を行うことを約束します。また、連絡を頂いたユーザーには、それらの対策・修正・改善の過程・結果などを報告する義務があるものとする。これらの一連の行為は、当社の大きなトラブルを未然に防ぎ、ユーザーに対して信頼を勝ち得るための相互の信頼関係を築く上で、当社が自らに課する重要な紛争解決の手段とします。

    (4)準拠法及び管轄裁判所 準拠法は日本法とします。本サービスに起因または関連してお客様と当社との間に生じた紛争については福岡地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

    (5)協議解決 当社及びユーザーは、本契約に定めのない事項又は本契約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。

    一般規定

    (1)免責に関して、本サービスは、他の条項で定めるところのIOUの貸与・返却受付に関しての責任をもちます。よって、リップルの技術やセキュリティ、リップルクライアントの仕様などにおいては完全に免責されます。また当社の所有する銀行口座やセキュリティまたは銀行の経営に関することはリップル同様、銀行の責任であり当社が保証するものではありません。当社の所有する銀行口座に関しては、日本の法律の定める方法において管理され保証されるものであり、銀行の原因により一部または全額返還できない場合においては、当社はそれを公表し銀行から変換された当該資金を貸与されたIOUの全ユーザーから計算される比率に応じた額を還元することとする。また保証金額はそれを上限とし、残りは免責事項とする。本サービスはインターネット環境、リップルの技術、銀行のシステムの安定性、セキュリティなどの外部の環境に影響を受けることをユーザーは理解しているため、本サービスの不安定性におけるユーザーの損害を保証されないこととする。当社の提供する本サービスは、継続的な提供や安全なアクセスを保証するものではありません。本サービスは、契約先である銀行、システムなどの電子的処理を基盤に運営されるので、当社が処理を完了するのに必要な時間、サイト内に表示さえているどのような時間表示もあくまで目安であり、約束し保証するものではなく一切の保証責任を負いかねます。またそれによる損害も免責事項とします。当社は一度貸与したIOUの移譲に関与することはできない。またユーザーはリップルネットワークのシステム上また機能上も関与できないことを理解していることとし、移譲行為に対し起こるいかなる損害も保証しない。これらの免責事項に同意した上でユーザーは本契約に同意しシステムを利用することを約束します。

    (2)ユーザーが退会した場合、ユーザーの貸与されたIOUは、ユーザーのリップルクライアント内に残り消滅することはありません。しかしながら、退会したユーザーに対し当社は、貸与保証金の返還などの処理を行うことなく、責任を負うこともありません。よって退会するユーザーには、事前にIOUの返却を行った上で退会処理することをお薦めします。

    (3)ユーザーが他事項に違反した、IOUを返却しなかった、または当社が一時的にユーザーへのサービスを中止した場合、当社が保証金の返還をすることができない、または償却することを理解し同意します。また、サービス再開やアカウント再開・削除などの権限はすべて当社にあることに同意します。ユーザーは、当社が、この契約で説明するようにアカウントに対して行われた制限に起因するいかなる損害または負債のための責任を負わないことに同意するものとします。特定の制限を行うという当社の決定は、ユーザーのアカウントへのアクセスを限定的なものにしますが、本決定は当社の考えるリスク管理やセキュリティ上の懸念に不可欠な基準に基づく行為であり、ユーザーはその処置に同意するものとします。当社がユーザーにリスク管理の詳細やセキュリティ情報を開示する義務はなく、一切の請求をしないことに同意します。当社がユーザーの不正行為やセキュリティ上の問題により、制限を行うことに同意し、最大90日間アカウントを制限することができ、その後、永続的に中断、あるいはアカウント削除できることに同意します。ユーザーは当社が当該情報を銀行などの金融機関に連絡し、他のユーザー、法執行機関、またはユーザーの行動の影響を受けた第三者に警告すること、およびユーザーに対して法的措置をとることを受け入れます。

    (4)ユーザーは複数のアカウントを保持することを禁止されています。また、同一ユーザーが同時に複数のアカウントを使用しないことに同意します。複数のアカウントの併用は、本サービスのシステムの誤用または不実のアカウント情報にあたり、本サービスの停止になることがあります。本サービスのアカウントは、ユーザーが同時に複数のページまたは複数の場所からユーザーアカウントにログインすることはできません。つまりデュアルログの対象とはなりません。セッション内において、ログチェックを行い不可解なイベントを検知した場合、両方のセッションを切断することがあります。その後アカウントを再開するためにユーザーに必要な書類を要求することがあります。

    (5)本契約は、ユーザーが登録完了した日に効力を生じ、当該ユーザーの登録が取り消された日又は本サービスの提供が終了した日のいずれか早い日まで、当社とユーザーとの間で有効に存続するものとします。

    (6) 本契約の変更は、本サイト上での告知をもって当社が変更することができます。ユーザーは変更された契約に同意できない場合は一ヶ月間の猶予期間内に退会処理などができることを理解しているため、退会処理しない場合には、本契約の変更を許可したとみなします。ユーザーはログインせず契約の変更を事前に確認でき、ログインする場合においては毎回ユーザー契約内容に同意することとします。ユーザーは利用契約の変更を発表され自動的に新たな利用契約として差し替えられることに同意します。

    (7)本契約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、 本契約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有し、当社及びユーザーは、当該無効若しくは執行不能の条項又は部分を適法とし、執行力を持たせるために必要な範囲で修正し、当該無効若しくは執行不能な条項又は部分の趣旨並びに法律的及び経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。

    本規約の譲渡等

    (1)ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位又は本契約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。

    (2)当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い利用契約上の地位、本契約に基づく権利及び義務並びにユーザーの登録情報その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。


    平成27年2月20日

    株式会社 Crypted Vault