rB3gZey7VWHYRqJHLoHDEJXJ2pEPNieKiS

リップルとは

リップルとは

リップルとは、インターネットを使った金融取引のためのプロトコルです。

インターネットプロトコルとは

インターネットのプロトコルとは、違うシステム間で情報を相互にやりとりをする為、互換性をもたせ円滑に通信をするためのインターネット上の規則のことです。

インターネットプロトコルの例

HTTP (ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル)は、ウェブサイトをインターネット上で共有するための規則です。
SMTP (簡易メール転送プロトコル)は、電子メールをインターネット上で送信する為の規則です。
RTXP (リップルトランザクションプロトコル)は、インターネット上で金融取引を行うための規則です。RTXPの発明により、インターネット上でのビジネスはより簡単かつ発展的になります。

インターネットプロトコルは誰が所有しているのか

インターネットプロトコルの所有者は存在しません。つまり誰もインターネットプロトコルを所有していません、誰もがソフトウェアやビジネス上でインターネットプロトコルを使用することが出来ます。

金融取引とは

物理VS仮想取引

物理トランザクション バーチャル取引
物理的な取引は、金の一部、またはドル紙幣、円紙幣のような現物の移動取引を伴う。 仮想取引は元帳のアカウント残高の変更を伴う。

他とリップルトランザクションは何が違う?

インターネットプロトコルの所有者は存在しません。つまり誰もインターネットプロトコルを所有していません、誰もがソフトウェアやビジネス上でインターネットプロトコルを使用することが出来ます。
組織とトランザクション手法
銀行 支払い代行 ビデオゲーム 航空会社 携帯電話会社
金融戡定 支払い 仮想通貨 マイレージサービス 時間課金

VS

組織とトランザクション方法
リップルトランザクションプロトコル(RTXP)
全て対応

誰がリップルプロトコルを実行。動かしていくのか?

リップルプロトコルは、世界中のコンピューター・サーバーのネットワーク上で動作します。リップルネットワークは、金融取引の正確さを検証する為にリップルの数学的アルゴリズムを使用しています。

レジャー(元帳)

元帳は、リップルアカウントとの取引の共有と共に、常に更新されたデータベースである。 いつでも、誰でも元帳を表示することが出来ますし、リップルネットワーク上のすべてのアクティビティの完璧な記録を参照出来ます。

リップルの3本の柱

決済ネットワーク ユーザーや企業のための取引が容易になり、金融口座のネットワーク。
分散型交流 通貨の取引のための自動化システムは、それがクロス・カレンシーの支払いが可能となる。
通貨(XRP) 値を保持し、また、ネットワークのセキュリティに重要な役割を果たしているリップルに組み込まれた通貨

リップルの発明者

リップルはリップル研究所内のプログラマーグループによって発明され、開発されました。ベータ版は2013年にリリースされオープンソースとなりました。

オープンソースとは何か?

オープンソースソフトウェアは、使用、変更、実装、これらを開発するすべての人が自由に利用できるように作成されています。オープンソースは所有者が存在しないので、その使用から直接利益を得ている人はいません。オープンソースイニシアティブ(opensource.org)で詳細を読むことが出来ます。

金融取引のためにリップルを使用する利点は何か

金融取引の為のオープンソース、共有インターネット・プロトコルは多くのメリットを提供します。

リップルは電子メールのようなもの

すべての電子メールプロバイダはSMTPで同じプロトコルを使用しています。 その結果、取引しあう双方が別のメールプロバイダ、例えばGmail、Yahoo、AOLを使用していても、誰にでもメールを送信することが出来ます。
現在の金融システムは、多くの独立したシステムで構成されています。リップルシステムは電子メールの様に、独立したシステムをまとめ、容易にやりとりが出来るシステムを開発しています。

リップルの未来

インターネットプロトコルは、多様な方法で使用することが出来る進化型のツールです。
HTTPが発明された時、GoogleやYouTubeの発明を予測した人はいなかったかもしれませんが、これらのメジャーな企業は、HTTP無しでは存在し得ませんでした。
同じようにして、リップルの可能性を予測することは不可能です。
リップルシステムの多くはすぐに利用することができ、かつ明確で解りやすい。
リップルは、革新的なプログラマーや起業家達によって発見され、より良い形で解き放たれる、その時を待っています。